2008年01月31日

50の手習い

KIF_9715.jpgIT講座に通っている。
正確にはHTML講座だ。
ホームページを開設して1年半、ソフトに頼ったHPでいいのか!
そんな大それた決心ではないけれど、せっかくなら打ち込みで作れたらナーくらいの考え。私と同年代かちょっと上くらいの人が多い。みんなやる気満々!休憩時間もなんのソノで、がんばっている。
スペルの間違いが多くて、なかなかうまく行かないけれど、たまに成功すると素直にうれしい。今日で2日目、あと2日だ。そのうちみんなに教えれるくらいになれたらいいナ!

posted by kida family at 19:30| Comment(44) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

何を今さら・・・ 言う事なかれ

3・4年前のこと
別府出張の折、昔お世話になったTサン夫妻のお宅にお邪魔したときの話。
湯布院勤務時代に社宅で前の部屋に住んでおられたTサン夫婦、定年後別府に家を建てられ、悠々自適の生活をされている。
別府出張で時間があったので家に訪ねて行くと玄関に靴が沢山並んでいる。お客さんなのかな?と思いつつ声をかけると、奥さんが出てこられ、どうぞどうぞと歓待を受ける。部屋にはいると60歳をとうにこえ、たぶん70歳くらいの奥様?達が4人ノートパソコンのマウスを操っていた。「今写真教室をやってるけど気にしないで主人と話してて」と奥さん。「それではこのバラをシャンパングラスの中に入れてみます。」とPhoto Shopという難しい写真ソフトを使って合成写真を作る勉強の真っ最中だった。「まず○○×○○ピクセルの写真を・・・」と、とうてい私の理解できるレベルではなく私には訳の分からない事ばかりなのだが、奥様達はふんふんと首を振りながらマウスを動かしてモニターの中に自分達が写したであろうシャンパングラスとバラの花を使ってそれぞれに色んな色のバラの花をグラスの中に器用に咲かせている。
聞けば、皆さんデジタル一眼カメラをお持ちで、時にはプロのカメラマンを講師に雇い写真撮影だけでは飽きたらず、写真の加工まで手がけておられるとのこと・・・・・
週に一回はこうして集まりスキルアップに努めておられる方達でした。
なかには自分のHPも持っていて、写真ばかりではなくワードを使って素晴らしい草花の絵までお描きになっておられるとのこと。御年72歳と言うことでまたまたびっくり!

幾つになっても、遅すぎると言うことはないのですね。
「何を今さら」と言う事なかれ!
posted by kida family at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

大切なもの?

TS3B0015.jpg ラジオを聞いていたら“カーナビの言うとおり角を曲がったら線路に進入してしまって、慌てて降りて列車に手を振ったが間に合わず衝突してしまった” と言う事故を伝えていた。
 私達夫婦は九州はもちろんのこと、広島、岡山、兵庫、滋賀、静岡あたり、片道12時間以内だったら車で旅行をする。
車旅行で一番困っていたのは高速を降りてからの道程だ。奥さんに地図を持たせて、ナビ役をやってもらう。しかし例に違わず内の奥さんは地図に弱い。言ってみれば方向音痴だ。自分の車がどっち方向に進んでいるのかさえ分からないときが多い。ICを降りて目的地に着くまで地図のことで夫婦間バトルが続く。せっかくの旅行が台無しだ。
そんなわけで、今の車に買い換えたときの第1条件は『カーナビをつけること』だった。
カーナビは便利だ!何も考えなくていい!「しばらく道なりです」「まもなく右方向です」「ガソリンスタンドを目印に左折です」言っているとおりにハンドルをきれば目的地に着いてしまう。
しかしたまに裏道モードになっていて、目的地はすぐそこなのに右折左折を繰り返して遠回りさせられることもある。また一度行ったことのある場所でもどこを通っていったのか全然思い出せない。 カーナビが無かった頃は、地図とにらめっこしながら、風景を頭に焼き付けながら、奥さんとケンカしながら道を覚えていたのに・・・・

便利さを手に入れる代わりに何か大切なものをなくしていってるような・・・・
posted by kida family at 00:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

秋の足音

KIF_2840.jpgまたまた山に行ってきました
10月とはいえ日中は真夏!夜中3時を過ぎるとちょっと肌寒いかな?
という感じです。

でもでも、確実に秋の足音は近づいてきています。
posted by kida family at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

宮崎味便り

DSCN2198.jpg今年も届きました!
宮崎の秋のかほり へべずと地鶏!
先日宮崎に行ったときは鹿児島地鶏しか探せなかったので
ズーと心残りでしたが、アー幸せ!
これでまたおいしいビールが!

・・・・この頃左足親指付け根がびりびりするのは
ひょっとして痛風の前兆では?
と思いつつプシュっといわせてしまう意志の弱さ

明日こそはちょっとひかえよー
posted by kida family at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

秋の足音

KIF_2580.jpg毎年今年の夏は終わらない
と 思ってしまうが今年もまだまだ暑い

しかし畑では確実に秋の足音が近づいている
去年友人から頂いた落花生を食べるのをちょっとだけ我慢して
タネどりしていたものを春に蒔いた
うちの畑は落花生との相性があまりよくなく思ったように実らないが
それでも一斗笊卦8分目くらいは収穫できた
早速茹でてもらう 
茹で落下というのはふるさとの味だ
豆類はトウモロコシにしろ落花生にしろ収穫直後の味は
なんとも言えない!香りというか風味というか
店で買うものとは格段にちがう!

一度作って食べてミソ!


posted by kida family at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

方言

先日、同僚がドジを踏んだので「チョイチョーイ」といったら
「チョイチョイって何十年かぶりに聞いたバイ」と言われてしまった。
「チョイチョイ」はたぶん長崎弁で人が失敗したときに親しみをこめて「ざまあみろ」と言う意味で使う言葉だ。

私は高校卒業後色んなところへ移り住んだがなかなか「大村(長崎?)弁」がぬけない。方言はビミョーなニュアンスを的確に表現してくれる。
「つっぽがす」と言うのは勢いをつけて穴をあけるの意、でただ穴をあけるのは「ほがす」、それに「つっ」がつくと勢いよくなるのだ。
ほかにもある。「うったたかるっぞ」これはケンカの時に使う。たたくに勢いをつけるとうったたくになるのだ。
「おっちゃけた」これは落としたくはなかったけれどおちてしまった時に使う。「落としたっちゃなかもん!おっちゃけたっちゃもん」みたいに使う。(落としたのではない。気をつけていたのだが、落ちてしまったのだ。)

現代人はこの方言の良さがわかんとやろーね?
posted by kida family at 21:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

昔遊び?

昔はよかった!何がヨカったかって言うと
遊びが単純だった。

今の長縄とびはロープを2本持ってそれぞれ逆の方向に回っていてその間隙を縫ってエイトビートの回転の中に入り込み跳んだりはねたり踊ったり。トーテー私には飛べない!
昔の長縄とびは勿論ロープは1本。4拍子で「ゆー便屋さん、はがきが1枚落ちました・・・」とチョーゆったり。ゆー便やサンは全国区で長崎?と言うか私の町では「波乗りがっこーの景色よくぅ小さな緑の歌(夢?)の街 ハイ!ヒビキのよいのに驚いてトーキョの空をとびまわるぅ今は桜か梅の花」とよく意味がわからない歌を歌いながらやってたっけ。ハイ!からロープを回すのでそこが難しいところだった。

男の子の遊びはコマ回し。『キセ グラ』と言う遊び。「キセ」はキセルといってまわっているコマに自分のコマをぶつけること。
「グラ」は走りグラとか食べグラとか言って「競争」の意
ヨーイドンでいっせいにコマを回して止まるのが早かった順にコマを回して次々にコマをぶつけていくという遊びだが、ヨーイドンではなく『息ながショーブンショウ比べぇショージの中からブーンブン エーびっさんのコマ回しヨーイのヨイのよいよいヨイ!』最後のヨイ!でいっせいに回し始めるのだ。「ショーブン」は勝負「ショー比べ」は勝比べ「エーびっさん」は恵比寿様だと思う(当時は何も考えてはいなかったが・・・)何か儀式みたいでかっこよかった

・・・とまだまだ昔話はつづく
posted by kida family at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

もどりたい?

むかしはよかった。
何がよかったかと言うと、みんな貧乏だった。
みんなハナタレでカピカピで、ダブダブでちんちくりんだった。
家の中はがらーんとしてて、ちっちゃなみずやと丸いちゃぶ台、レースをかぶったテレビとタンスが2つしかなかった。
引っ越しも家族四人リヤカー2台ですんだし、ゴミなんてほとんどなかった。
買い物かごをさげて、八百屋さん、魚屋さん、卵屋さんみんな新聞紙にくるんでくれる。唯一、主婦の店には輪ゴムがおいてあったっけ。
使った新聞紙は風呂のたき付けになった。
風呂沸かしは子供の仕事だった。新聞紙に火をつけ、製材所から買ってきた製材クズの端板をヨキで割って細く割り箸状にした薪に火を移しだんだん大きな薪にして火が大きくなったところに石炭をくべて・・・
今考えれば職人芸だ!

 たまに(1年に1度か2度)バラの包みの贈り物など来ようものなら、まわりを縛ってある紙のひもをきれいにほどいてはずし、とめてあるセロハンテープにアイロンを当てたり、ヤカンの蒸気にあてて破れないように慎重にはがしてきれいにアイロンをかけてしまっておいた。やがてそれは図工の千代紙になったり、ミルク缶や紙箱に貼り付けてきれいな小物入れになっていた。
 食事の残り物は、裏に飼っていた鶏や犬のえさになっていたし、通りのかどかどの電柱に一斗缶がぶら下げてあってそこにかえしておくと、ブタ飼いさんが自転車で集めてまわってブタの飼料になっていた。
 車なんてタクシーくらいしかなかったし、不完全燃焼してガソリンくさい排気ガスを喜んで嗅いでいた。
 写真なんて1年に2回ぐらいしか撮ってもらえなかった。ホント記念写真だった。
 暑いときは裸になればよかったが、寒いときはジャンバー(パー)しかなかった。コートなんてアメリカ映画のギャングが着てるくらいで、ちょい寒でもジャンパーおお寒でもジャンバーだった。

そんなむかしに・・・・・どうだろう・・・
posted by kida family at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついに

KIF_2524.jpgヤッター!ついに購入しました
防湿庫 別名オートドライ
レンズを買おうか カメラを買おうか迷っていましたが『その前に収納庫やろ!』ということで買ってしまいました これで機材がカビる事はありません

レンズでもカメラでももってこい!って感じです

って言うかその前にいいバイトないかな?

posted by kida family at 20:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。